研究グループ

サークル名 サークル詳細説明

「ギリシアの英雄叙事詩『イリアス』を読む



imaget1-008-1-001
『イーリアス』ギリシア英雄叙事詩の世界 (岩波人文書セレクション、2014年) imaget1-008-1-002
同書で紹介されている
「アテーナー(アテーネー)奉納浮彫」

西洋文化の源泉たるギリシア精神が最初に開花したホメロスの叙事詩『イリアス』を一年かけて読みます。

講 師 : 川島 重成 先生(国際基督教大学名誉教授)
開催日 : 原則 第3火曜日(8月、2月は休み)
時 間 : 13時30分~15時30分
場所 : 調布市文化会館たづくり または 8階映像シアター
(ただし第1回(3月2日)のみ教育会館2階)




講師のご紹介

1938年生まれ。国際基督教大学卒業。東京大学大学院、ケンブリッジ大学、在アテネ・アメリカ西洋古典研究所等で学ぶ。国際基督教大学名誉教授(西洋古典学)

著書

『イーリアス』ギリシア英雄叙事詩の世界』 岩波書店〈岩波セミナーブックス〉1991.9/新装普及版「岩波人文書セレクション」 2014.10
『『オイディプース王』を読む』 講談社学術文庫 1996.12
『ギリシア悲劇 神々と人間、愛と死』 講談社学術文庫 1999.9
『イエスの七つの譬え 開かれた地平』 三陸書房 2000.3
『ギリシア紀行 歴史・宗教・文学』 岩波現代文庫 2001.11。
『アポロンの光と闇のもとに-ギリシア悲劇『オイディプス王』解釈』 三陸書房 2004.5。
訳書にエウリピデス『ヒッポリュトス』岩波書店1990など

講師からのメッセージ

紀元前8世紀にホメロスによって完成されたとされる叙事詩『イリアス』-そこには英雄たちの生と死の諸相が不死なるオリュンポスの神々とのコントラストのなかに、美しく謳い上げられています。西洋ヒューマニズムの源泉となったギリシア最古の雄大なこの叙事詩の尽きざる魅力を多様な視点から浮き彫りにします。

使用テキスト

『イリアス』岩波文庫 上・下(松平千秋訳)

オープンサークルを開催いたします

日時:4月6日火曜日 13:30~15:30(開場13:10)
演題:生と死の叙事詩『イリアス』第1歌を中心に
概要:『イリアス』とそれ以前のトロイア伝承との関係を
     を見、「アキレウスの怒り」という主題をめぐって、単なるトロイア戦争物語ではない、この生と死の叙事詩の本質を探ります。   

各回の日程・内容
日程 演題
3月2日(火)「ギリシア神話」の原点としてのホメロス叙事詩成立の歴史的背景
3月16日(火) 『イリアス』の口誦詩としての魅力を紹介
4月6日(火) 生と死の叙事詩『イリアス』第1歌を中心に
4月20日(火) 「アキレウスの怒り」と「ゼウスの計画」、第1歌承前
5月18日(火) 第2~4歌、トロイアのヘレネ(第3歌を中心に)
6月15日(火) 第5~6歌、ヘクトルとアンドロマケの別れ(第6歌を中心に)
7月20日(火) 第7~9歌、アキレウスのことばと名誉(第9歌を中心に)
9月21日(火) 第10~14歌、神々の喜劇(第14歌を中心に)
10月19日(火) 第15~16歌、アキレウスの親友パトロクロスの悲劇(第16歌を中心に)
10 11月9日(火) 第17~19歌、アキレウスの死の予徴(第18歌を中心に)
11 12月21日(火) 第20~22歌、ヘクトルの死、事実上のトロイア陥落(第22歌を中心に)
12 1月18日(火) 第23~24歌、トロイア王プリアモスとアキレウスの和解(第24歌を中心に)
13 3月15日(火) 予備日[ないしは『イリアス』の運命観と死生観ー『平家物語』と比較して]

☆電話でご予約の上、ご来場ください

連絡先
アカデミー愛とぴあ事務局 ℡042-441-6328

(9:00~16:00 休所日を事前確認してからお越しください)



[戻る]