研究グループ

サークル名 サークル詳細説明 (2022年度後期)

ギリシアの英雄叙事詩『オデュッセイア』を読む



imaget1-015-001


imaget1-008-1-001
『イーリアス』ギリシア英雄叙事詩の世界 (岩波人文書セレクション、2014年)
imaget1-008-1-002
同書で紹介されている
「アテーナー(アテーネー)奉納浮彫」

imaget1-015-002


imaget1-015-003

2022年度前期のホメロスの叙事詩『イリアス』に続き、後期はホメロスの叙事詩『オデュッセイア』を読みます。トロイ戦争後、さまざまな困難を、知恵を駆使して乗り越えてゆくオデュッセウスの帰郷物語(の諸相)を読みます(令和5年3月読了予定)。

講 師 : 川島 重成 先生(国際基督教大学名誉教授)
開催日 : 原則 第3火曜日
時 間 : 13時20分~15時40分
場所 : 調布市文化会館たづくり 8階映像シアターほか<




講師のご紹介

1938年生まれ。国際基督教大学卒業。東京大学大学院、ケンブリッジ大学、在アテネ・アメリカ西洋古典研究所等で学ぶ。国際基督教大学名誉教授(西洋古典学)

著書

『イーリアス』ギリシア英雄叙事詩の世界』 岩波書店〈岩波セミナーブックス〉1991.9/新装普及版「岩波人文書セレクション」 2014.10
『『オイディプース王』を読む』 講談社学術文庫 1996.12
『ギリシア悲劇 神々と人間、愛と死』 講談社学術文庫 1999.9
『イエスの七つの譬え 開かれた地平』 三陸書房 2000.3
『ギリシア紀行 歴史・宗教・文学』 岩波現代文庫 2001.11。
『アポロンの光と闇のもとに-ギリシア悲劇『オイディプス王』解釈』 三陸書房 2004.5。
共著に『ホメロス『イリアス』への招待』ピケナス出版2019、
訳書にエウリピデス『ヒッポリュトス』岩波書店1990など

講師からのメッセージ

紀元前8世紀にホメロスによって完成されたとされる叙事詩『オデュッセイア』は『イリアス』で描かれたトロイア戦争後のさらに10年に及ぶ英雄オデュッセウスの放浪と帰郷の叙事詩です。両叙事詩はさまざまな点できわめて対照的です。たとえば『イリアス』の主人公アキレウスはいわば死に向かう英雄ですが、オデュッセウスはあくまでも生き抜く英雄です。『イリアス』と比較しながら『オデュッセイア』の全体像を概観します。

使用テキスト

ホメロスの『イリアス』と『オデュッセイア』(川島重成著 2022年9月刊行予定)
予習として事前に読むことをお勧めしますが、購入は必須ではありません。 書店販売はありません。教室で注文を承ります。

今後の日程・内容
【後期】
 日程   演題
10月18日(火) 第1回 ギリシアの英雄叙事詩『オデュッセイア』について
11月15日(火) 第2回 『イリアス』から『オデュッセイア』へ
12月20日(火) 第3回 歓待(クセニア)と帰郷(ノストス)のモティーフ
1月17日(火) 第4回 民話から叙事詩へ
1月31日(火) 第5回 オデュッセウスと海
2月21日(火) 第6回 妻ペネロペイアは貞女か?
3月14日(火) 第7回 自然・神々・人間など

*2023年4月からは新サークル「ギリシア悲劇を読む」が始まります。ソポクレス『オイディプス王』、アイスキュロス『アガメムノン』、エウリピデス『ヒッポリュトス』を読みます。

☆電話でご予約の上お越しください。
(途中回からの参加も可能です。ご相談ください!)
連絡先

アカデミー愛とぴあ事務局 ℡042-441-6328(9:00~16:00)



[戻る]